新規登録 ログイン
風に消えてしまいそうな相手の背中が気にかかる、哀愁を書いてみました。
kayuma 投稿 - 2020/02/22 更新 - 2020/02/22 2 Comments 139 Views
good投票
hikohiko77
僕は手を伸ばしたら ふと君は背中を向け
風の向こうへと 消えていく
どこへ行くの 僕の知らない君の世界
教えてよ そんなことすら聞けない
意地っ張りで 照れ屋の僕

ああ 君と二人だけの 世界をつくりたい
でも 君はいつも風に包まれたような
なぞの背中を見せるだけ
いつか君を 振り向かせてみせる
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

8841884188418841
2020/02/22
捉えどころのない女性って、たしかに男は惹かれたりしますね。
tamayama3tamayama3
2020/02/22
kayumaさんの前向きな作品にはいつも元気をもらいますが、
今回のような微かな哀愁も良いですね。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録