新規登録 ログイン
(^^)
pengin_ 投稿 - 2週間前 更新 - 2週間前 0 Comments 26 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

僕はどこか遠い国で
言葉を落としながら荷物を運ぶ途中。
いくつかの地名と人の名前、
それさえ覚えておけばいいのさ。

世界が今より大人になったら
高い所から僕を見て
優しくしてくれるだろうか。
「もういい、休めよ。」って、
そんな。

君は弱い心よりも
身体を必要とされて隣町へ運ばれる途中。
沢山の人の名前を聞いても
誰一人 知り合いはいないのさ。

世界が今よりも大人にしてくれたら
君を見る誰かに味方して
離れていってくれるだろうか。
「もういい、みんな休めよ。」って、
そんな。

市場は賑わっている。
札束は跳ね返っている。
包丁は煌めいて
コンロからは灼熱が吹いている。
掃除は追いつかない。

神様は優しいから
僕を見て言っている。
「もういい、ずっと休めよ。」って、
そんな。


タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS