新規登録 ログイン
十五歳の春 私は詩に噛みつかれた
raymizutani 投稿 - 2週間前 更新 - 2週間前 0 Comments 24 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
I was bitten by poems when I was fifteen
It was a keen feeling
Just like cat's claws
Tearing a little bird I've been seeing
Since then I've been walking about
Trailing the shade made from snowflakes in spring
The first poet who came across a lonely lad was
Sakutaro Hagiwara
I hated him because he was cruel
But I needed him because I was alone

十五歳の春 私は詩に噛みつかれた
それは鋭い感覚
まさに猫の爪が
私の見ている小鳥を引き裂くよう
それから私はさまよっている
春に降る雪の影のあいだを
さみしい若者を横切った初めての詩人は
萩原朔太郎
私は彼を嫌った 残酷だったから
それでも彼が必要だった 私は一人ぼっちだったから
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS