新規登録 ログイン
エピソード
messenger 投稿 - 2週間と1日前 更新 - 2週間と1日前 0 Comments 16 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
僕が生まれた時に君が何をしていたかは知らない
だけど ここまでの道程は殆ど同じだろう
恥ずかしむことはない
誰だって一度は訪れる

水たまりわざと踏んで
だけど それが個性だったりして
屁のような理屈でもそれは理屈であって
結局 どんな人生でもテンプレでは終われやしない

最初と最後は結局繋がっていて
点と点が線になって 延々永遠
強がることでもない
弱気になることでもない
盾と剣 持って立てよ 続きを戦おう

僕がどんな心を持っているかは君は知らない
だけど 知らなくても信じれるのは友達
悪口を言う必要はない
君は小心者ではない 

戦士ならば背中で語って
そんな姿を誰かが憧れて
たとえ王道の主役でもないとしても
結局 それを生んでいるのは主役じゃない 

君と僕は結局何かで結ばれていて
今こうやって歌えてることが証拠
嫌がることでもない
涙することでもない
絶望と希望 勇ましく生きる君を知ってる

その時だけのメロディー 奏でる
歌えるだけの気力体力 気持ちを高める
行こう 希望 昨日 
アリア ダリア 明日 
行こう 記憶 喜望峰
未来が 見たいな 明日...

Ah Oh Ah Oh Oh yeah...

Ah Oh Ah Oh Oh yeah...

Wow Wow Wow Wow Oh yeah...

Wow Wow Wow Wow Oh yeah...

今会えた 名前のない花は
明日も生きている 
僕らも生きていると
信じて歩いていくよ

最初と最後は結局繋がっていて
点と点が線になって 延々永遠
強がることでもない
弱気になることでもない
盾と剣 持って立てよ 続きを戦おう

君と僕は結局何かで結ばれていて
今こうやって歌えてることが証拠
嫌がることでもない
涙することでもない
絶望と希望 勇ましく生きる君を知ってる

案外この世界は ファンタジーの世界
がっかりすることではない
君は臆病者ではない
 
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS