新規登録 ログイン
仮面舞踏会×愛×薬をテーマに。久しぶりに英語を随所に入れてみました。今までのものとは違う感じに仕上がったと思います。
MONK 投稿 - 2020/01/11 更新 - 2020/01/27 6 Comments 226 Views
good投票
daaaakawanao_oda
熱い鼓動 扉を開けば
欲望を隠した人々の群れ
仮面越しに感じた視線に
運命の糸は定まっていく

軽快なrythemに身体を揺らして 
愚かな行為だとは知りながらも
一層のことモラルも脱ぎ棄てて

危険な香りに微睡む表情
情熱の炎は二人を包む
優しく触れる指先を追いながら
乾いた心は満たされていく

Where are we...         
I feel like I'm flying...
青い空で小鳥たちはさえずり
優しい風にそよぐカサブランカ
Wherever you are,I will be there 
醒まさないで

show me your face
もう時間が無いんだ
show me your love
焦らすのは無しさ
tell me, give me なんでも良いから
僕らだけのparadise

揺らぐ視界に溺れる感覚
情熱の炎に焦がされながら
混沌とした意識の狭間に
愛に飢えた真実の顔を見た
タグ :
[ 編集 ]

6 Comments

kayumakayuma
2020/01/15
鳥もカサブランカ(百合)も、誰かに養ってもらってるわけでもなく、家があるわけでもなく、服を着ているわけでもないのに、堂々と生かされているのは、神様の御業ですね。コメント有難うございました。またよろしくお願いします。
nao_odanao_oda
2020/01/16
1連目の表現好きです^ ^♪
最後の蓮も、余韻の残る感じが素敵ですね。
一体 どんな顔が見えたのか…
想像力を掻き立てられます。
MONKMONK
2020/01/23
> kayuma さん
コメントありがとうございます。
daaaakawadaaaakawa
2020/01/23
情熱的で詩を読んでるだけでもそれが伝わります
最後まで力尽きることなくテーマに沿って書かれているのが素敵です
MONKMONK
2020/01/27
>nao_odaさん
テーマがちょっと危ないだけに、英語を随所に入れることでスタイリッシュにしたいと思っていました。
最後はどんな顔が映ったのか、読者の皆様にご想像いただければ幸いです。
コメントありがとうございます。
MONKMONK
2020/01/27
>daaaakawa さん
この作品を色で表すなら「紅」といったところでしょうか。
最初のフレーズで全体的な雰囲気を紹介しつつ、英語の歌詞のあたりで、主人公がハイになった情景を表現してみました。
コメントいただきましてどうもありがとうございます。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録