新規登録 ログイン
あ〜 まだこういうの書けるんだなって。
febell 投稿 - 2019/11/21 更新 - 2020/02/22 0 Comments 30 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
帰り道で  キミの横で
少しだけど  寂しかった
夕暮れから  夜へ向かう
信号機で  立ち止まった

私は明日の約束ばかり  描いては消して積もらせている
キミはずっと先の予想図を  延々と話していたね

どこまでも行けるのに  手は繋いでるのに
突き放されたようで  苦しくなった
ほんとね  痛かった


ため息を  零したら
気づかれちゃう  息を止めた
北風が  駆け抜けて
ほんの少し  混ぜて送る

うつむいた先に広がってる  水たまりに映る片隅に
涙を預けようとしてる  誰にも知られないように



赤から青に変わる  私は私のまま
多分 キミは明日には  違うキミになる



どこまでも行けるのに  手は繋いでるのに
突き放されたようで  苦しくなった
ほんとね  痛かった

ずっとね  痛いんだ
タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録