新規登録 ログイン
When The Saints Go Marching In
mizumizu 投稿 - 4日と19時間前 更新 - 8時間と58分前 4 Comments 57 Views
good投票
tamayama3yumemigati3


一頻り笑ったあとで 心が萎んでいく
影踏みすらできない街で
わざとらしく息を吸う

綻び 歪んだ線のように 灯りが揺らめく
ぼやけて見えないことだらけで
この世界はできてる


只、なんとなく今日も生きて
見下ろした街の所為にした
歓びとか、哀しみとかを
ありったけ持っていたいだけ



愛をうたうよりも簡単で ほんの少しだけ
退廃的で ときに叙情的な
命に畏(かしこま)る


只、なんとなく嘘を吐いて
上手くやれてる気になっただけ
優しさとか、慈しみだとか
ありふれたものに包まっていたいだけ



僅かな灯りを大袈裟に受け取って
小さな窓から見える 思い出の裾を掴んで
最低だね
そう言って嗤ってよ
恥ずかしいくらいに今はただ
生きる それだけ


只、なんとなく今日も生きて
見下ろした街の所為にした
歓びとか、哀しみとかを
ありったけ持って
まだ、なんとなく曖昧な未来
勘違いしていたい、人間だもの
そんな
ありふれたものに包まっていたいのさ








タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
4日と17時間前
あ、曲付く前にGOOD押してしまった(笑。

まあ、それも致し方ありますまい。
一連目の引き付け方がお見事としか言いようがないですね。
作品の雰囲気を完全に作ってます。
mizumizumizumizu
1日と8時間前
さくさん
ありがとうございます。

曲を作る時間がなくて…すみません。。
今回は特に最初に時間がかかりましたね。何回も推敲しました!
tamayama3tamayama3
19時間と50分前
「生者」と「更新」
体温を感じる言葉と機械的な言葉の組み合わせ。
諦めているようで何かにすがっているようで、どっちつかずな惰性感。
タイトルの対比と詞の内容とが掴みどころ無く、でも絡まっている不思議な感覚です。
モヤるけど気になってクセになる作品。
ミズさんに嵌められた的な。笑
mizumizumizumizu
8時間と58分前
玉山さん
ありがとうございます。

これはアルバムをイメージして作ったものになります。
『聖者の行進』→『生者の更新』みたいな浅はかな感じです笑
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS