新規登録 ログイン
初めて一人で夏祭りに行った夜に書きました。2019.08.17■この歌詞はうたまっぷとpiaproとPixivにも投稿しています。◼︎無断転載・法に基づかない引用禁止
alekseevich_1 投稿 - 2019/08/19 更新 - 2019/09/22 0 Comments 80 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
浴衣の男女が並んでいる
仲睦まじく寄り添っている
僕はそれを一人でみている
電車にゃ他にも人が乗ってる
なのにどうしようもなく一人だった

親子が手を繋いで歩いている
女の子が嬉しそうにりんご飴かじって お父さんが笑っている
僕はそれを一人でみている
夏祭りの人混みの中
どうしようもなく僕は一人だった

地球にゃ70億の人間がいるってさ
なのにどうしてこんなに一人なんだ
一人くらい僕にくれたっていいじゃないか
こんなに人間がいるんだからさ

一人で花火を見上げていた
僕の隣には誰もいない
綺麗だね、って誰かに言いたかった
花火を見上げる人々の中
僕はどうしようもなく一人だった

いつか誰かにこんな気持ちを話せたら
綺麗だったねと言い合えたら
そんなことを夢見ている
帰り道ぎゅうぎゅう詰めなシャトルバスで
僕はどうしようもなく一人だった




0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録