新規登録 ログイン
爽夏の海に消える命の泡
My_accountn 投稿 - 2019/08/09 更新 - 2019/08/15 3 Comments 288 Views
good投票
MONKtamayama3
点滅した信号機
光が交じる白線
水溜まり続く道
行き止まり看板
静寂を切り裂いて
できた傷跡だけが
涙に絡みしがみ憑く

忘れ去られた僕の想い
背負って難キロも歩く
褪ばんだシャツ捨てて
爽空に溺れて溶けて消えたい
夏が終わり告げてしまう前に…



点滅した街灯柱
光が朽ちた足下
彩火咲き開く夜
秘密基地トンネル
静寂は砕け去り
喧騒を踏み蹴散る
靴音よ漂ってくれ



噎せ狂うほど
呼吸を深く
摺って廃いた



藻屑のように
沈むだけの命の泡を
瞼にそっと触れさせて
囁いて僕の名が無くなるまで…



忘れ去られた僕の想い
背負って難キロも泳ぐ
たどり着く先まだでも
爽海に溺れて溶けて消えるの
夏が終わりを告げてしまう前に


ソーダ瓶の底に残って
弾けたあの夏の記憶を
もう一度瞳の中浮遊させて

タグ : [ 編集 ]

3 Comments

yumemigati3yumemigati3
2019/08/09
当て字を上手く使ってダブルミーニングする手法が徐々に確立しつつありますね。
面白いです。次はどんな表現が来るのかな、と楽しみになってしまいます。

暗くて切ないイメージを覚えました。
tamayama3tamayama3
2019/08/11
靴音よ漂ってくれ

に、しびれました〜。カッコイイです。
「しがみ憑く」「難キロ」
当て字で言葉に深みをもたせる手法は『ノリカスタイル』
と謳って良いと思いまーす。
MONKMONK
2019/08/15
夏の歌詞って爽やかなイメージがありますが、
こちらの作品は心の深層部を描いているようで大変気に入ってしまいました。

爽空に溺れて溶けて消えたい

切なくつぶやくこの一言が心に染み入りました。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS