新規登録 ログイン
不器用な女子の詩です。
takryua19 投稿 - 2週間と4日前 更新 - 1週間と4日前 2 Comments 77 Views
good投票
tamayama312ad543
1.
真夜中の電話 出てくれたのに
今じゃメールも知らない素振り
ねぇ ねぇ ねぇ 気付いてよ
涙の絵文字で終わる一日

つまらない相談 乗ってくれたのに
今じゃ普段の言葉も温い
ねぇ ねぇ ねぇ 分かってよ
いけないところは直すからさ

『忙しい』が口癖の
大人を好きになったから
余裕が似合う人にならねば
だけどそんな自分を思い描けない

愛って距離を越えるよね
って言った友達は近場でデート
最寄りの駅で待ち合わせ
そしてシネコンで映画を楽しむ

2.
伝えるの遅いとか思わないでね
これが私の最短距離です
ねぇ ねぇ ねぇ 応えてよ
涙の準備は出来てるからさ

描きかけのままにした冬の風景
雪の街には不自然な空白
ねぇ ねぇ ねぇ 分かるでしょ
最後のピースが何なのかぐらい

『新しい』が正解の
世代を生き抜くためならば
過去なんて捨ててしまわなければ
だけどそんな自分に今はなれない

愛って年齢(とし)を越えるよね
って言った友達は幼馴染と
車を借りて温泉旅行
そして黄昏に永遠を誓う

愛って何を越えるのか
結局わからないまま過ごす
ひとりぼっちの傷心旅行
そして夕霧に明月を描く
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

12ad54312ad543
2週間と3日前
シンプルでかつ分かりやすくてとてもいいですね!
皮肉っぽいところが凄く好みです(笑)
tamayama3tamayama3
1週間と4日前
ねぇ ねぇ ねぇ 分かるでしょ
最後のピースが何なのかぐらい

ゆるい口調ながら辛辣だったり真理を突いていたり。
タイトルも最高です。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。