新規登録 ログイン
なし
sabrina_no_hana 投稿 - 2019/07/19 更新 - 3週間と6日前 6 Comments 125 Views
good投票
fukuzou3382suraa_shindohtamayama3
影が無くなるのを怖がって
太陽を沈めんとする子供
まだなにも知らないその両の手を
私は握りしめたい 泣きたいから
孤絶を肉体から剥がそうとすると
バリバリと音がする
血と骨が
たちの悪い兄弟のようにあいさつしてくる

「あの人は悪いことだって言っていました」
「あの人は良いことだって言っていました」
いいや、君の言葉がききたい
言葉にすることを恐れている
君の言葉がききたい
「僕はそのどちらでもあります」
はあ・・・ ああ はあ・・・ ああ
意思はさみしげに頭を垂れて
自らが在る意味を自問自答し続けている
君ではなく 君の意思のために
私は君に引き金を引いた

あんなことがありました やれこんなことがありました
騒いでいるだけじゃ
それはただのお祭りだ
憶測ばかりが居座っているじゃあないか
虚空で無知がランランと乱れ踊る様が
私にはとても汚いのだ
意思と共に心中することを自殺という
自殺とは意思を殺すことだと

春夏秋冬の先っぽに
ダニのようにひっそりといる鋭利な希死念慮
顔を歪めて受け入れる大いなる人々が
たまらなく好きだ
分かっているようで分かっていなくて
たまらなく好きだ
走り切った人間の前にしか現れない
生きゆくための白きボヤを
早々に抱きしめて潰したいと願うのは
私も仲間だからだろうか
意思と共に心中することを自殺という
自殺とは意思を殺すことだと
タグ : [ 編集 ]

6 Comments

tamayama3tamayama3
2019/07/20
前作『Baby』がシャボンのように儚げな玉なら、今作はズシリと重い鉛の玉
でしょうか。
大人用に絵本があればこんな感じかも。
作風を変えてもサブリナの鼻さんの言葉綴りは格好いい。
(格好いいでは収まらないのに自分の語彙の少なさよ笑)

自己矛盾の否応をぼんやり抱えて生きている自分なんかは何かを突き付けられ
た気分。

tamayama3さん
まさか、こんな詩にコメントをつけてくださる方がいるなんて、思ってもみませんでした笑
しかも加えてお褒めの言葉まで頂いちゃって‪ㅠ_ㅠ‬
感激です・:*+.(( °ω° ))/.:+

自己矛盾が良いんですよ!
自己矛盾からでしか、何かを表現することは出来ないですから!
僕も、この詩を書いてる時点ですでに矛盾だらけなんです。でもそれがとても心地いいのです。
どれだけ自分のことが好きなんだと思われるかもしれませんが、自己矛盾は、自己肯定になりえるんです。
自己肯定は、生きることに繋がるんです。
だから玉山さんも、そのままで良いんです!

…長ったらしく申し訳ないです(^-^;
コメント&good、改めて有難うございました!
a_shindoha_shindoh
2019/07/20
ノンストップな感情と構成が素晴らしいですね。
自己矛盾の心地よさって良いですよね。
手の届かない所に手を伸ばしている時が一番幸せです。
a_shindohさん
一気に書き上げたので
ちょっと肩に力入れ過ぎたかなぁーと思ったり(--;)笑

そうですよね!
自己矛盾に生かされてるという感覚に
ゾクゾクするのです…笑笑
ドMなんでしょうね…笑

コメント&goodありがとうございました!
迷いのない言葉がとても清々しく
こってりとした絵の具で描かれた壮大な風景画のように
強く心の中に入ってきました
fukuzou3382suraさん
はい、この歌詞に関しては
思ったことをそのまま書かせていただいたので
少しでもそれが功を奏してくれたなら
それ以上のことはありません!
身に余るお言葉、コメント&goodありがとうございます!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。