新規登録 ログイン
もうやめたい。でもやめない
yugaku0622 投稿 - 2019/06/12 更新 - 2019/06/12 0 Comments 41 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

一番
顔を洗うのも億劫で 布団に閉じ籠もる僕の身体は
腐り尽しツルに巻かれ 明日を捨てようと瞼閉じる
思い出す授業参観 大きく掲げた眩しい夢は
大人になる誕生日に 臭い煙草の煙で隠した

もう一度もう一度と何度も伸ばしたこの腕で
もういいよもういいよと脳から何かを落とす
やめとけよやめとけよ悪魔の囁きを言い訳に
僕じゃ無理僕じゃ無理と握ったペンを捨てた

希望があるなら見せておくれ 明かりを灯すなら僕の元へ
不快になる願いは愚痴に化けて
嫌な暑さの夏の夜に 空に浮かべた儚い望みは
あの蛍と共に静かに消えた


2番
君の幸いが煩いで 耳を手で覆った時の記憶が
腹を抱え嘲笑い 指を差して涙流す
捨てたはずのアイデアノート 端っこに書かれた熱い決意を
何も生まない消しゴムで 破れるまで消し尽くした

売れてやる売れてやると 必死にもがいたこの腕で
近づくな近づくなと 愛も優しさも拒む
甘くない甘くないと 何度も心に言い聞かせ
くだらないくだらないと 期待に背を向けた



現実はいつも残酷だって だからなんだって笑い飛ばして
我が道進める強さがあれば どれだけ楽でしょう
弱さを隠して前を向いたって 化けの皮ならいずれ剥がれて
それでも戦う勇気があれば って 今更何を言うんだ!


希望があるなら見せておくれ 明かりを灯すなら僕の元へ
不快になる願いは愚痴に化けて
嫌な暑さの夏の夜に 空に浮かべた儚い望みは
あの蛍と共に静かに消えた



タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録

News

RSS