新規登録 ログイン
春は裏腹、春うらら。http://nico.ms/sm35043650?cp_webto=share_tw-androidapp
Union 投稿 - 2019/06/03 更新 - 2019/06/05 2 Comments 143 Views
good投票
yumemigati3
イントロS
シンクを鳴らす雫の間隔を
数えてひたすら待つの 
朝霧に焦がれた熱は
遮光の隙間を嘲笑う
月の光 影が伸びてく春裏ら

A
どうせなら引き返せぬ
ほどの雨に打たれたい
闇に紛れ 隠せたらいいのに

美しい地球(ほし)の真ん中
ジブンを描き出せない
真空管に漂い酔うボク

B
秒針 縋(すが)り
今を手放せない
ままで、ヒトリ
引き摺られるように

白く白く
突き放す世界に
キミの光はボクに見えない

S
吐息を濡らす涙の感覚を
左手にぶら下げては
街灯に零れた熱が
鼻腔の奥まで締めつけて
向かい風 星が靡(なび)いた夜 春裏ら


A
もう二度と取り戻せぬ
昨日の歌に溺れて
喉の奥に 棘残して歌う

新しい朝の光
暗闇に生まれ落ちて
輝き放て 憂いに咲く花

B
感情 惑い
明日(あす)に何を描く?
キミと、フタリ
引き寄せられるように

黒く黒く
塗り潰した世界
光、 本当の意味 求めて手を伸ばす

A'
どうせなら引き返せぬ
ほどの雨に打たれたい
闇に紛れ 隠せたらいいのに...いいのに

S'
水の中でそっと息を吐くたび
泡になって空に近づくように...

LS
シンクを鳴らす雫の間隔を
数えてひたすら待つの 
朝霧に焦がれた熱は
遮光の隙間を嘲笑う
月の光 影が伸びてく春裏ら
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2019/06/04
良い歌。切ない系ですね。
調声も上手で、当て字も効果ありますし。やっぱ上手いですね。
UnionUnion
2019/06/05
ありがとうございます!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録