新規登録 ログイン
落ちていく命と涙
miyako_kosamee 投稿 - 2019/05/14 更新 - 2019/05/16 1 Comments 40 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
昨日叩かれた頬は腫れていた
教科書は破り捨てられていた
命を軽視するその言葉に
染められて捨てられていた
教室には席がなかった
今日もまた叩かれた頬が痛かった
声を出しても空気かのように
それでなくとも誰も目も合わさないのに
常にひそひそ陰口の対象
人間一人として最小
息苦しいこんな場所
生きるのも困難な場所
今日と同じ明日をたどるなら
お父さんお母さんさようなら
インクが滲んだ手紙を置く
臆病も置いて屋上から飛ぶ
最後まで嫌った世界の姿
下で慌てる教師が無様
まるでここは人間のゴミ置き場
ふちから見下げ飛び降りた

落ちていく
落ちていくこの命
とっくに捨ててきた明日への見込み
神様に届かなかった祈り
どこにいてもいつもひとり
地から天に命届けるか
地面に触れるその刹那
最後の言葉も終わって
時間も全て止まって
僅かに残った悔いか
まぶたの裏に焼き付いた
写真に残された少女が
記憶の中の情景が

過去の記憶を辿りゆく
白い砂と青い水
静かに揺らめく波の音
海というものをはじめて知った時
その時はじめてこの世界は
美しいものだと知ったんだ
友だった子と見た淡い夕景も
裸足で歩いた暗い夜道の風景も
母に叩かれてできたアザと
閉じ込められた押し入れの中も
酷く泣いた布団の中も
最後にはちらつく記憶なんだ
目を開くと地面がすぐそばに見えた
地に触れる間際白く消えた
意識はどこか遠く遠方
次に見た景色は白い天井
すぐにわかった病院と
聞こえる涙声は両親の
幾年ぶりに目があったんだ
そうか私は死ねなかったんだ

落ちていく
落ちていくこの涙
わけもなく突然泣き出した
殺していた声が口から出そう
なぜ涙を流しているのでしょう
生きている息をしている
いや違う生かされている
私は飾りか形があるかないか
その形に悲しみ喜び綻び
この碁に及んで
進んで戻って澄んで淀んで
もうわからないよ
もうわからないよ

生きていくことを否定され続けて
自分を守る軟弱な砦も崩れて
テープで止めた心も張り裂け
間違いだらけの感情を掃き溜め
下と上が入れ替わった
落ちていく世界でわかったんだ
生きていてもいいんだって
それだけでよかったんだって

落ちてくる
落ちてくる母の涙
これまでの距離を埋めるように
穴の空いた心に触れるように
赤ん坊を包んでくれるように
儚くて美しくて
知っているなによりも暖かくて
ただここにいたくて
きっとこれが正しくて
手がぬくもりが触れている
袖が優しく濡れている
生きている生きてくれていることに
あの人たちは泣いているの

落ちていく
落ちていくこの涙
静かに雫が落ちる音がした
私も同時に泣き出した
ずっとずっと待ちわびた
赤く腫れた目の下
温度がわかるこの手のひら
えもいえぬ思いがした
探していたなにかに届いた気がした
きっと命あることに鼓動の音に
困難なこんな世界でも
生きていることに
涙を流しているのでしょう
タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

fishoilfishoil
2019/05/16
普通の、大衆が好んで聴く音楽の歌詞にしては無理があるような気がしていましたが、この叩きつけたような直球の物言いはひょっとするとラップのようなスタイルで人々の度胆を抜いていくのかも知れない、とそう思いました。

https://youtu.be/AAN-oJeqBKI
モロハというアーティストの曲です。
似たような魂を感じたので是非聴いてみてください。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。