新規登録 ログイン
PLAY(YouTube) 新緑の山から立ち昇る霧を描写しました。ふりがな付歌詞
htm 投稿 - 2週間と1日前 更新 - 4日と3時間前 12 Comments 511 Views
good投票
tamayama3haru07kazuki0208yumemigati3manbou0502mizumizupond1120fishoil
遠く沈む日を 覆うように雨は降り
いつか生まれ響く 灯の鐘を呼ぶ
続く道の上 行方さえ知らぬまま
いずこより訪う 一陣の風

夢に揺らぐ あの陽の影
言葉なくとも心宿した まなざし雲間にかたちどる

姿有り 白き靄分け 阡年の不断の香炉
君の名を聞く声昇く この嶺に捧げたまえよ

     ∴

嘆く胸の奥 なにゆえに忘れえぬ
在りし時眺めた 明日を歩む地図
想い開く頃 めくるめき色纏う
野辺に咲く幽かな 唯一の華

夢に揺らぐ あの陽の影
果てなき涯へ瞳射止めた 彩り織りなす裾に立つ

長い夜の帳に描く 領飾りを駆け巡る星
光抱く彼方が呼べば ただひとり何もなくとも

     ∴

姿有り 白き靄分け 阡年の不断の香炉
君の名を聞く声昇く この嶺に捧げたまえよ


----------------------------------------------------------
芳來嶺下
HouRaiReiKa
(Standing at the foot of the fragrant mountain)

詞・曲:瀧川ミチル

視聴㌻:https://youtu.be/wVUOXB9C4qQ
----------------------------------------------------------
タグ : [ 編集 ]

12 Comments

fishoilfishoil
2週間前
たまたまこの作品を見つけましたが、感服しました。
ゆったりとしたメロディを使うことで、単なる中華色ではなく、儒教的で、湿気をもった、深みのある中国大陸を音で見事に表現していると思います。

春暁という詩を昔習いましたが、それを彷彿とさせる、自然体でいてスケールの大きな素晴らしい曲でした。
pond1120pond1120
2週間前
さかなクン経由で来ちゃいました。

正直、苦手な分野というか、あまり読まない分野なんですが
完成度の高さにびっくりしました。

見よう見まねと書いてあるので
何かインスパイアされたようなものがあるのか分かりませんが
とても、世界観を感じる作品でした!

応援しています!
mizumizumizumizu
2週間前
音源聴きました!
歌やメロディ、歌詞ともに本格的な作品でびっくりしました!

これはどうやったら作れるんでしょうか?
制作秘話とかありましたらぜひお聞きしたいです。
htmhtm
1週間と6日前
≫ fishoil さかなくんさん

これ以上なく嬉しいお褒めの言葉、ありがとうございます!
春暁は何故お分かりになったのですか?すごいですね。
春暁を五言でなく、方向を変えて暁鳥声少→覚啼雨多の順で読めるようにし、
ぱっと目に焼き付けて、本作の描写にインスピレーションを貰ったところがあります。
曲のコンセプトも理解して頂けて嬉しいです。湿気というのはかなり意識した部分でした。
htmhtm
1週間と6日前
≫ pond1120 コイケさん

ご感想頂けて胸が踊る気持ちです。
他分野である本作のためにお時間を頂き、ありがとうございます。
詞も曲も、漢文や俳句・ラップ・クラシック等の先人のエッセンスを
私なりに分解して構築して歪めての作業を繰り返していますので、
まだまだ後追いの域を出ないかもしれませんが、
描写に広がりと奥行きを感じてもらえたのならとても嬉しいです。

応援いただき幸せです。
6月いっぱいには次作のバックトラックが完成いたします。
またご感想など頂けますと本当に励みになります。
htmhtm
1週間と6日前
≫ mizumizu ミズさん

音源を聴いていただき、本当に嬉しいです。ありがとうございます!
多分、やっていることは皆様の手法とほとんど変わらないと思います。
私は音楽理論や演奏・歌唱に関してド素人ですので、むしろ自分でギターを弾き伴奏をつけられるミズさんに教えを請いたいです(笑)
作品が少ないのであまり語れることもないのですが・・・、

多少難解であったとしても、
長期的に楽しむことができるよう、
色々な角度から鑑賞して面白く、味わえば味わうほど次の情景が勝手に生まれてくるように
ということを基本的な制作の目標として掲げています。

定型文としての楽しみ、目に映る字面としての楽しみ、音感の楽しみ
モチーフ(描写事物情景)・コンセプト(作品独自の特徴)・テーマ(作者がいいたいこと)の面白さ
などなど挙げたらキリがありませんが・・・
制作する側も、鑑賞する側もいつまでも楽しめる、
情緒を閉じ込めたパズルのような詞作品を目指しています。

曲に関しては素人ですので、人任せにせずできることからすべて挑戦する、をモットーとしています。
今回はメロディラインをテキトーに作った後、ウィキペディアでコードを調べ、楽譜打ち込みソフトにそのまま再現して
バランスを自分なりにみて、最終的には技量のある人に要望を細かく伝え、バックトラック作成してもらっています。

曲作りでひとつ気を付けていることは、メロディを美しいだけにまとめずに、
良くも悪くも耳に刺さる「棘部分」アンバランスな部分をいれることです。、
今回で言えばそこに『阡年』『'領'飾り』などの最も突き刺したい歌詞にあてはめています。
(本作の描写は『'嶺'から立ち昇る霧/千年とも思える悠久の間、阡阡と茂っている緑』みたいなのが核なので…)

あまりに作品を解説しすぎるのは野暮だと思われますので、
手遅れかもしれませんが、ここらへんで失礼いたします(笑)
わずかにでも参考になりましたら幸いです。
mizumizumizumizu
1週間と6日前
瀧川ミチルさん
ご丁寧に返事をくださりありがとうございます。
とても嬉しいですし、感動しました。

瀧川さんの考えや人柄が強く作品に反映されているんだなぁと改めて実感しました。

『棘部分』
確かにそうだなぁと思いました。
詞もメロも美しくても単調なだけだと尻すぼみしちゃいますよね。
それを考えるだけでなく、しっかり歌詞に投影できる瀧川さんの実力が羨ましいなぁと思いました。次作楽しみにお待ちしております。
manbou0502manbou0502
1週間と3日前
本格的過ぎて浮くレベルですね笑笑
天才かよ、の一言です。


曲調自体、僕の好みにどストライクかと言われたら「打ち損じのファールボール」(失礼すぎてすみません)なのですが、圧倒的な技術力というかセンスというか、これは間違いなく良い曲だよな、と思わせるパワーがありますね。
マッチョだと思います。

ちなみに、ミチルさんは、こういった和風?の曲専門の方なのでしょうか。
僕はロックやフォークやブルース(いまいち違いが分かってない)が好きなので、ミチルさんのそういったのもぜひ聴いてみたいです!
このセンスなら素晴らしいのが出来そう。
htmhtm
1週間と2日前
≫ manbou0502 マンボウさん
コメント頂き、ありがとうございます!
たとえ本作が逆向きに飛んでいたとしても、
すれ違ったマンボウさんを吸着してコメントを書かせたかと思うと、
ちゃんと作品が生きて仕事をしているようで嬉しいです。

普段は主にメタル、クラシック、アンビエント畑の人間ですが、
私の中のパズルのピースがハマるとき
何故か中華・和の雰囲気が勝手に出来上がってしまっているので、
基本的には詞も旋律もその方向性でしか走り続けられないのではと予測しています。
来世に期待をお願いいたします!
yumemigati3yumemigati3
1週間前
悪ふざけが過ぎました。すみませんでした。

音源拝聴しました。凄いですね~。
マンボウさんも仰っていますが、凄すぎて場違いなレベルで浮いてますね(笑。
近所で草野球やってるところへプロ野球選手来ちゃった感じですかね。
ともあれ、音楽作れる人はホント羨ましいですね。尊敬します。これからも頑張ってください!
babababa
6日と23時間前
掲示板での流れからコメに参りました☆
GOODしたい詞にコメする性癖なのでうまく書けなかったらごめんなさい。

一読し一聴し、とても美しい歌詞だと思いました。
どこまでも広がる美しい景色のような印象です。
そして美しいまま変化なくスムーズに通り過ぎて消えてしまった..
そんな感じでした。

唯一耳に残った「せんねん」も単なるアクセントのようで、私にとっての棘と
なるにはドラマティックさが足りなかったです。
情景や郷愁ノスタルジーのような震えるものが耳からではイメージできず、
単語の「せんねん」に聞こえました。
『阡年の不断の香炉』部分がこの曲の一番の訴えどころなのに
キラーフレーズとしては難解な言葉過ぎたのかなと思いました。

これは技術的な判断ができない子宮思考の私の感覚的な感想なのでお許しくだ
さい。
でも、作業BGMでリピしたいくらいに美しい曲でした☆
haru07haru07
5日と17時間前
やー、実はだいぶ前に曲聞いてたんですよ
でもバタバタしててコメント出来なくて

ビックリしました、凄いクオリティー
歌もご自身で歌われてるんですよね
上手いし

正直歌詞の内容は少し難しくて
きちんと理解できなかったんですけど
楽曲からなんか中国っぽい風景を思い浮かべて
ホントに聞き入りました

やっぱ曲作れる人っていーな
羨ましいです、good♪

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。