新規登録 ログイン
よろしくお願いします。
tk77 投稿 - 2019/04/22 更新 - 2019/04/24 4 Comments 73 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
振り向けば いつも君がいた
当たり前だった日常が
今じゃ ただの過去だね

四畳半の部屋で
ギター片手にラブソングを
ダサい僕に 優しく笑いかけてくれた君

嗚呼 時が僕らを 引き離した
哀しき 永遠という名の別れを
追うモノが 変わってしまった
互いに譲れない夢ができてしまった...

忙しさに感けて 忘れていた
大切なモノが 何かを
取り返しがつかない過ち

四畳半の部屋で
ギター片手に 弾くよ マイナーコード
涙を妙に誘うね 寂しげな音色は

嗚呼 時が僕らを 引き離した
別れて気づいた 君の存在の大きさを
ふと 思い出の並木道を辿る
見上げれば青空 あの日と同じだな...

嗚呼 嗚呼
戻らぬ日々よ
嗚呼 嗚呼
もう 戻らぬ日々よ...
タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

kayumakayuma
2019/04/23
君は帰ってこないけど、君と過ごした思い出は永遠ーなんてフレーズが思い浮かべました。私の歌詞も見てください。
tk77tk77
2019/04/24
コメントありがとうございます^_^
tamayama3tamayama3
2019/04/24
四畳半というワードのせいかフォークソングぽいイメージを持ってしまいまし
た。侘しい雰囲気がいいですね。
tk77tk77
2019/04/24
コメントありがとうございます。
昭和をイメージしたので、その通りですね(笑)
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。