新規登録 ログイン
 
utsusemi 投稿 - 2019/04/22 更新 - 2019/04/22 0 Comments 39 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

悪い病に苛まれ続けているんだ もう満身創痍で
何処も彼処も頭は忙しく 身を削らせた

これを最悪と泣けば 全てが泡になる
彗星は黒を連れて 心に逆境を

孤独を睨みつけ幾星霜 手を繋ぐ理由も忘れて
語りかける恐怖を振り払いながら 始まりの麓を探す

見放されたのはお互い様だ 世界の色を濁した才能も
居場所を失った成れの果て 故に帰る場所は明瞭に


手足がもがれたような無気力が 時と灯火を奪い去って消えた
背を押したはずの歌も雑音と化して 信じれない明日に震える呪い

嗚呼 それでもと歩まなければならない
この手は何も無い 何も無い 何が無くとも
全ては辿り着いてから正体を知るもの 黒が白でもある必然さえ

タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。