新規登録 ログイン
メランコリーかつリフレイン。10年前位の作品です。
pond1120 投稿 - 2019/02/10 更新 - 2019/02/19 6 Comments 127 Views
good投票
hiroshi_mishimatamayama3manbou0502yumemigati3

夕焼けの匂い 空を包んで
さよならの後で もう一度会おう

泣き虫な君は今日もママの帰りを待つ
ベランダでは天使と悪魔が睨めっこ

いつ頃なくしたのかな 甘いメロディー
無理やり笑っても お見通しだよ
明日に素敵なおまじない 届くかな

迷子の鼻歌 泣き声に似てる
さよならの後で また会えるよ

泣き虫な君はママの作るスープが好き
忘れないよ 君が覚えてる間は

いつ頃拾ったのかな 優しいメロディー
心の奥底まで染み渡っていくよ
明るい夜なら 寂しくないよね


シャラルラ シャラルルラ
シャラルラ シャラルルララ
シャラリラ シャラリルララ

いつ頃覚えたのかな 悲しいメロディー
ママはもうすぐ帰ってくるさ
それまでもう少し もう少し

さよならの後で また会えることを
信じて歌おう もう一度歌おう
タグ : [ 編集 ]

6 Comments

yumemigati3yumemigati3
2019/02/11
そこはかとなく、映像的な作品だと思いました。タイトルのせいかもしれませんが。

読んだだけだと少し難解な気がしますが、
メロディー次第ですごくドラマチックになりそうですね。
説明過多になりすぎないバランス感覚とか、好きです。

あと、Cメロになるのかな、シャラルラ~の部分はちょっと気づかされました。
こういう手法もあったか、と。
manbou0502manbou0502
2019/02/11
こういう視点の詞もお手の物なんですね〜。
さくさんもこういうの得意ですからね。ぜひとも機会があれば真っ向勝負していただきたい。
タイトルってその詞に命を吹き込むってぐらい大事な場合がありますよね。ノスタルジアオレンジは正にそれですね。
tamayama3tamayama3
2019/02/13
これは大好きな詞です。
10年前にはすでに読み手にある程度ゆだねる手法をお持ちだったのですね。
ロックオン手法オンリーの自分としては羨ましいかぎりです。
夕焼け ママ スープ など郷愁を思い起こさせるワードに
甘い 優しい に加え「悲しい」メロディをもってくることでノスタルジー感が一気に増してくる。

猫好きな自分としては子猫の姿が浮かびます。
いや、子猫でしょ。子猫ですよね! 子猫って言って!!!笑
pond1120pond1120
2019/02/14
さくさん

コメントありがとうございます。
自分の頭の中には映像というか、絵本みたいなイメージがあって。
私の中ではファンタジーと憂鬱は同居していて、それを表現したかったのだと思います。
シャラルラの部分は10年前の自分だから書けたのかなぁ。

マンボウ君
これ、書いてしばらくタイトルなかったんです。
でも、当時自分にとって大切だった女の子がいて、読んでもらったら
これは「ノスタルジアオレンジ」だと言ってくれて。
まさに、命が吹き込まれたなと感じた瞬間でした。
元気にしているといいな。

玉山さん
子猫といっていいでしょう!笑

これ、「会おう」って言葉をリフレインして使っているんですが
リフレインする事で、もう会えないんだよって伝えているんですよね。
そこが恐らく肝なんだと書き手としては思っています。
夕焼け 空 泣き虫な君 など、現実的な情景と、天使と悪魔という空想的な存在が混在していてもなんら違和感なく読めるのがなんとも不思議な感覚でした。

当時大切だった女の子がタイトルをつけてくれたというのもステキなエピソードですね。
pond1120pond1120
2019/02/19
ひろしさん

自分も書いてて違和感がなかったので、ズレがなくて良かった。
なんとなく美談っぽいですよね笑
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。