新規登録 ログイン
愁いのオムニバス的な。歌いました→PLAY
manbou0502 投稿 - 2019/02/09 更新 - 2019/02/11 2 Comments 79 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
掠め取る様な右手を払い
遇らう言葉だけ覚えてゆく
「淋しがるなよ 遠ざかるだけ
疲れたら いつでも此処へおいで」

揺らぐ目から拾わせる本当の意味を
離れてから思い知るであろう弱さを
どれだけ触れたとしても 夢 夢 夢
疚しさの隣で また頁を抓る


迂闊に問い掛ける喉を嫌い
行き交う声の羅列だけ聴く
話したいのは色褪せる全て
疲れたら これから何処へ行けばいい?

繋ぐ手の隙間にはただ深い水脈
離す手から思い知るであろう怖さを
あれだけ触れてきたのに残ったのは
正しさによく似た痣 間違いに濡れて


変だな 笑い声がする
探していたのは それだけ
それ だっけ
タグ : [ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2019/02/10
おし、じゃあ辛口コメしてみようかなww。

最近テンプレ化してますよね。
この聞き手の焦点ずらして、テーマをぼやかす手法。
これを作風として突き詰めるならOKですが、
個人的な経験則として、この方法に慣れすぎるとあとで凄い苦労しますよ。

と言っても、マンボウさん風味のドラマ仕立てって言うか、文字で見せるPVみたいな感じは結構好きなんで、楽しみにしてる部分もあります。
最近は歌唱で表現できる部分が広がって、音楽で語る部分が増えたかな?

そろそろ、シンプルな引き算で書いたものが見たい気分です。とオーダーしておきます。
manbou0502manbou0502
2019/02/11
さくさん、コメントありがとうございます!!

ぐぁぁぁ、図星のオンパレードやぁぁぁ。。。

そうなんですよ。ぶっちゃけこの書き方が一番楽で、自分でもいい物が書けたような気休めになれちゃうんですよね。
今の時点で結構どっぷり浸かっちゃってるので、早目に他の手法にも手出します。笑

そうなんですよ、そうなんですよ! 当初は「詞の世界観を伝えるために曲を作る」はずだったのが、「曲に乗せやすい詞を作る」に変わりつつあるんです!!
これは作詞から始めた僕にとっては非常に悲しく、まずい状況なんです!
曲が無くても、読んだだけで何か残るような詞を作りたかったのに……。


ってわけで、シンプルな引き算かは分かりませんが、新作はこの「愁嘆」よりは分かりやすくなってる気がしなくもないので、またよかったら見てやってください。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。