新規登録 ログイン
我 焔ト為ナラザン
qon00423 投稿 - 2019/01/13 更新 - 2019/01/13 0 Comments 54 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
火竜之炎庭-カリュウノエンテイ-




淡く悉-コトゴト-く 朱に交わるは浮き世心の流るる言の葉と 一心不乱に乱れる 絹衣 滑る腕

相も変わらず 鬼の居ぬ間 たまゆらに
妖艶に口紡ぐ 是と否 幾星霜


合わす顔の皺寄せと
炎纏いし 意志無行の蛮行
奇想天外 露草へ
炎杯-エンハイ-傾けよ 籠之酉-カゴノトリ-



炎庭 雫と伴に 夜風の森へ この都へ

今宵は 華焔-ハナホムラ-と踊れ 黄昏に哭き 惑う
不死鳥為り




降り積もる夜明 自己の甘言 聞くに耐え難し その命 塵芥-チリアクタ- 人だった者は頭-コウベ-を垂れて去ね

千の紙折り指折り
変に異形の群鳥
万もの首へし折りて
火劇にして幕閉じる



炎庭 氷雨-ヒサメ-の戦-オノノ-く この空へ

夜更けに 希-コイネガ-う 我 火竜と化し

其の無常へ

炎庭 燃え盛る大地よ 熱く滾る鼓動

全ては君が為 相容れぬ背 遠き眼へ
佇む朧風-オボロカゼ-



(掻き毟る胸の慟哭 音すら感じられぬ鼓膜 逢瀬に開闢-カイビャク-の心臓 血液流るる感覚 夢刹那-ユメセツナ-)




威嚇混じりの
風神の敗残
灯もるは
々しい回想

森の鼓動
羅刹と候
万人の崇拝
焼いて焚べよ

電雷の丘
光の天空
石と化した古代都市
火を聖とし奉りたまえ

其の名を響かせ "炎帝"



炎帝 雫と伴に 夜風の森へ この都へ

今宵は 華焔-ハナホムラ-と踊れ 黄昏に哭き 惑う
火竜の為れ果て

其の無常へ

炎帝 氷雨-ヒサメ-の戦-オノノ-く この空へ

夜更けに 希-コイネガ-う 我 火竜と化し

続く 世

炎帝 燃え盛る大地よ 熱く滾る鼓動

全ては君が為 相容れぬ背 遠き眼へ
佇む朧風-オボロカゼ-

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。