新規登録 ログイン
初めて書きました。よろしくお願いします
yurin1012 投稿 - 2週間と2日前 更新 - 2週間と2日前 0 Comments 37 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
今まで歩いてきた時の中で
こんな気持ちになれるとは
夢にも思ってなかったよ

振り返ってはもういけないと
固くなっていく花は 咲き誇って終わろうとしていた
どうか許して もう一度

潤んだ 心の中に あなたが生きている
その背中だけで その笑顔だけで
わたしはまた 「愛しさ」を思い出すの
この想いに終着駅なんてありはしない
ただ今だけは あなたを見て泣きそうになるわたしを許して

抱えている幸せがこれからも形を変えながら
それでも続いていくと知っている
そのありふれた笑顔を 壊すことを何よりも恐れてる
分かってる 分かってるよ

名前も知らないあなたを ただ愛してる
わたしは今 罪を犯しているのでしょう
触れた指を思い出し 眠れずにいるわたしを
神様どうか 名もない海へ突き落として

潤んだ 瞳の奥に あなたを映してる
その髪が その声が わたしに「愛しさ」を募らせるの
遠くを歩く あなたの姿をずっと忘れない
終着駅に着く前にさよなら

なんて 今は出来ずにいるわたしをどうか許して



タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。