新規登録 ログイン
私の作品としては珍しい感じの雰囲気に仕上がりました。
hiroshi_mishima 投稿 - 2018/12/29 更新 - 2019/01/06 6 Comments 220 Views
good投票
kazuki0208manbou0502tamayama3a_shindoh
嵐吹く風に帆をあげて
彼らの船は進んでいく
灯りひとつない闇の中
不意に走った稲妻だけが
彼らの進む道しるべとなる

荒れ狂う波に揺られても
彼らの船は進んでいく
真っ暗闇の海の上で
パッと光った稲妻だけが
彼らの進む道しるべとなる

稲妻に浮かぶ人影は
船を操る航海士(ナビゲーター)
行く手も見えぬ闇の中
数多航海繰り返す

あいつは航海士(ナビゲーター)
恐れ知らずさ
あいつは航海士(ナビゲーター)
なるようになるさ
あいつは航海士(ナビゲーター)
信じるままに舵を切る

右も左もわからぬまま
彼らの船は進んでいく
なんにも見えぬ海の上
白く光った稲妻だけが
彼らの進む道しるべとなる

稲妻が照らす人影は
船を操る航海士(ナビゲーター)
不安を抱くそぶりなく
未だ後悔していない

あいつは航海士(ナビゲーター)
恐れ知らずさ
あいつは航海士(ナビゲーター)
なるようになるさ
あいつは航海士(ナビゲーター)
信じるままに舵を切る
タグ :
[ 編集 ]

6 Comments

a_shindoha_shindoh
2018/12/29
情景をはっきりと頭の中に映し出してくれる詞でした。
私が高校生の頃、真夜中に自転車で知らない田舎道まで遠出したとき、1m先を照らすのはたまに後ろから来るトラックのヘッドライトでした。私も信じるままに舵を切った恐れ知らずのナビゲーターだったことを思い出させてくれた詞です。
tamayama3tamayama3
2018/12/29
「稲妻」を直感におきかえて読んでみました。
自分の直感を信じて、信じるままに舵を切る
中島みゆきに力強く歌ってもらいたいような詞。
曲として聴きたいなー。
manbou0502manbou0502
2018/12/30
カッコよくて力強い詞ですね〜。
読んだ人の背中を押してくれるような、パワーのある詞だと思いました!
【a_shindohさん】
コメ&グッドありがとうございます。
中高生の頃は自転車の旅は大冒険でしたよね!
真っ暗闇で道を照らしてくれるヘッドライトは心強かったでしょうね。
でも、すぐに通り過ぎてしまい、次の車を待つ。本当に恐れ知らずのナビゲーターですね!

【玉山さん】
コメ&グッドありがとうございます。
なるほど、深く読み込んでいただきありがとうございます。
航海をテーマにすれば読む人の立場によって色々な解釈ができるのではないかと思って書いた詞なので、幅広く解釈していただけたら嬉しいです!

【マンボウさん】
コメ&グッドありがとうございます。
力強さ、カッコ良さを重視して書きました。
お褒めにあずかり光栄です♪ヽ(´▽`)/
kazuki0208kazuki0208
2019/01/03
凄く力強くて良いなぁって思いました。
何を食べればこんな詩を思いつくんですか?
嵐の中を突き進む船が手に取る様に分かりとても読みやすかったです
前向きな詞で読んでてなんだか楽しくなりました。
読ませて頂きありがとうございます

m(__)m
【一樹さん】
コメ&グッドありがとうございます。
えーっと、この前食べた不思議なキノコかな‥‥?いやいや(笑)

お褒めに預かり光栄です。
力強いカッコよさを求めて書いた歌詞です。
前向きさが伝わって嬉しいです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。