新規登録 ログイン
夢のようにおぼろげな歌へ
miyako_kosamee 投稿 - 3日と19時間前 更新 - 3日と19時間前 0 Comments 11 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
幼い頃はヒーローになるなんて
テレビの向こうに憧れてたっけな
歳を取れば取るほど瞳が
薄汚れていく気がして
立場をわきまえるだなんて
言葉できれいに着飾って
本当は自分の平凡さに
埋もれないための誤魔化しだった
恥ずかしくて秘密にしてた
教えられる時は叶った時
いつ頃叶うかわからない
叶うかどうかもわからない

それを夢と呼んでどれだけの月日が立ったろう
夢を語ることすらできないまま大人になった
僕らずっと夢を見ていたいわけじゃない
夢の先の景色がただ見たかった

未来がどうだこうだとバンドマンが
川沿い肩を並べて歩いている
若い頃の自分と比べて
そんな自分自身に苦笑して
現実と向き合うだなんて
言葉に大人のフリさせた
本当は自分の非力さに
潰れないための逃避だった
誰かに聞いて決めるようなものじゃない
長い旅路の途中を行く
何処に着くのかわからない
何処かに着くかもわからない

それを人生としてどれだけの時間が立ったろう
何を成し遂げることもないまま大人になった
僕ら永遠に生きていたいわけじゃない
それを望むほどのものにただ出会いたかった

幼い頃はなんていつから大人になってしまったのだろう
ヒーローにだなんていつから過去にしてしまったのだろう
自分自身から目をそらして怯えていただけだ
おいていかれたそれはずっとそこで待っていたんだ

それを夢と呼んでどれだけの月日が立ったろう
夢を語ることすらできないまま大人になった
僕らずっと夢を見ていたいわけじゃない
叶えたいからそれを
理想じゃなく夢と呼ぶんだ
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。