新規登録 ログイン
夢と現実とのバランスが大切だと思います。
takryua19 投稿 - 4日と19時間前 更新 - 4日と19時間前 0 Comments 23 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
1.
まだ遠くへと行けそうだ
ほら囀りが僕を呼んでいる
草原の向こう 霧が包んでいた

まだ君だけを見ていたい
そう君だけが僕を揺らがせる
夕刻の向こう 闇が俯いていた

迫る旅立ち 逃げるは独り身
どちらが先か 僕より先か
待ってくれ 待ってくれ
本当はどちらも来ないでくれよ

逃げる幸せ 迫るは悲しみ
どちらが先か 君より先か
去ってくれ 去ってくれ
本当はどちらも別れを告げろ

覚めるはずの夢に裏切られたら
それと似た現がまたもう一度
夢に短し 現に長し
命は何故にあるものぞ

二度とない現を目の前にして
名の知れた夢がまたもう一度
夢に短し 現に長し
互いは何故に会うものぞ

2.
ただぼんやりとしてる間に
遂に雲まで僕を嘲笑う
虹色描こう 空の隅々まで

ただ椅子に腰掛けている
だけで誰しも僕を見失う
逆さに写そう 街の影でさえも

急かす呼び鈴 待たすは留守電
どちらに出るか 僕なら出るか
知らぬふり 知らぬふり
本当はどちらも鳴らないでくれ

待たす黄昏 急かすは暁
どちらへ行くか 君なら行くか
見ないふり 見ないふり
本当はどちらも共に行きたい

終わらない夢のその後に
限りある現があることを知る
夢に短し 現に長し
浮世は何処にあるものぞ

変わらない現を投げ捨てて
縛られない夢があることを知る
夢に短し 現に長し
「また」とは何処で会うものぞ

覚めるはずの夢に裏切られたら
それと似た現がまたもう一度
夢は短し 現は長し
一人で其処に居るのなら

二度とない現を目の前にして
名の知れた夢がまたもう一度
夢さえも長し 現も長し
二人で此処に居るのなら
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。