新規登録 ログイン
大人っぽいイメージで書きました
gatya 投稿 - 5日と20時間前 更新 - 5日と20時間前 0 Comments 11 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
A
一人唇寄せたセピア色のブランデー
叶わない幻想を 胡蝶が哂った

B
耳触りな足音 微睡みに揺らぐ夢
熱に溶けて消えていく幻のよう

S
艶やかに過ぎて行く琥珀に瞬く夜を
一人善がりに刻んで
指の先で弄んだ 偽りのアイジョウ

A
朝日が顔を出せば 噎せ返るような時間に
真紅のルージュ引いて一夜の夢へと

B
籠の中で舞う蝶 何かを求め彷徨い
炎に焼かれ落ちていく 現のように

S
鮮やかに揺れる街 煙草の味を覚えて
飲み込み燻らす紫煙
甘い夜に並べ立てた 色褪せた戯言

S
刹那に燃える夜に 密やかに終わり告げて
その場限りな睦言
舌の先で転がしてた 泡沫の哀情

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。