新規登録 ログイン
情景を大切にしました。
takryua19 投稿 - 1週間と1日前 更新 - 5日と17時間前 1 Comments 44 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
1.
ざあざあ雨が降っている
救いのない休日が始まった
食えぬ争いの真っ只中で
しとしと雨がうなじを伝った

泣かない女になれよと
言ったあの人はもういない
だけど涙を見届けてくれるのも
あの人しかいなかったから
ずっと約束を守り続けていくの

気後れして幻に消えた行く末
確かに後悔しているけれど
待合室タバコの煙に巻かれて
見送った余所行き列車はきっと忘れない

2.
かんかん照らす陽の下で
訪ねし人は雲に隠れた
逢えぬ辛さに抗う中で
晴れ晴れとした陽さえ滲んだ

笑う人生に幸あれと
缶のビールで乾杯したね
そんな風に一夜を語り合えるのも
あの人とだけだったから
ずっと面影を探し続けているの

肌寒くて温もりを求めた結末
貴方は私を離れたけれど
港町薄暮の煙に巻かれて
手を振った最期の涙はきっと忘れない
タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

hiroshi_mishimahiroshi_mishima
5日と17時間前
情景とともに思い出す過去の思い人ですね!
晴れの日の思い出、雨の日の思い出、様々あるのでしょう。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。