新規登録 ログイン
金木犀をテーマに書いてみました。もしかしたら企画の趣旨と違うかもしれませんが‥‥。日本の金木犀には雄株しかなく、実をつけることはないのだそうです。
hiroshi_mishima 投稿 - 2018/10/20 更新 - 2018/10/21 3 Comments 106 Views
good投票
orange30mizumizuyumemigati3
毎日おどけにおどけて
見るもの全てを楽しませ
自分の生命(いのち)に実りはあるか?
そんなことにはこだわらず
見る人のために働きます
それがぼくたちピエロの仕事
きみが笑ってくれるなら
辱めだって厭わない

ぼくは道化師 ピエロです
自分のことより 人のため
毎日笑ってもらいます

毎年香りただよわせ
見るもの全てを楽しませ
自分の身体(からだ)に実りはあるか?
そんなことにはこだわらず
見る人のために働きます
ぼくたち金木犀の仕事
きみが笑ってくれるなら
きみに香りをとどけます

ぼくは道化師 金木犀
自分のことより 人のため
花が散っても 実はならない
タグ :
[ 編集 ]

3 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/10/20
企画参加、お疲れ様です。

良い着眼点ですね、社会派の個性も出てますし。
切り口も鋭く見る人を突き刺すようです。

GOODしちゃいます。
mizumizumizumizu
2018/10/20
うん、これも面白い視点だなぁと思いました。
浩志さんの個性がちゃんと出ていていいですね。
【さくさん】
コメ&グッドありがとうございます。
金木犀と聞いて一番最初に浮かんだのはやはり、「香りとともに思い出すあの人と過ごした思い出」だったのですが、絶対にそれとは違う歌詞を書きたくて、他の切り口を探しました。
その結果、自己犠牲を厭わない道化師の歌詞ができました。

【ミズさん】
コメ&グッドありがとうございます。
私も始めはラブソングを考えていたのですが、群青堂の中だけでも金木犀をテーマにラブソングを書いてる人はたくさんいたので、自分にしか書けない金木犀を考えました!笑

【おれんじさん】
グッドありがとうございます。
これからも頑張ります。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。