新規登録 ログイン
つぶやきスレより。Mさんの金木犀のお題、チャレンジしてみました。金木犀自体にあまり思い出みたいなものはないのですが、あの香りはスーッと昔を呼び起こさせますよね。
mizumizu 投稿 - 2018/10/06 更新 - 2018/10/20 10 Comments 182 Views
good投票
manbou0502退会済みharu07Uwcr72tk77yumemigati3


性懲りも無く思い出しては

感傷的になってしまうけど

それも悪くないなって

今は思う


夜道を歩くふりしても

心はどっか遠くに行ってた

そんな金木犀の香りが

蘇れば


今この瞬間だっていつか思い出しては

比べちゃうんだ あーだこーだ言いたいんだ

でもなんだかんだ言っても

ここに戻ってきて

ついでに君のこと思い出してるあたり

しょうがないなぁって

素直になれないんだ





性懲りも無く思い出しては

脳裏に描く君の姿

金木犀の香りがしたら

また会えるかな

ふたりだけの星で




タグ :
[ 編集 ]

10 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/10/07
ダジャレ?(笑
ラストで強引に持ってってますよね? 

今回はポエムでもOKな感じということでしたが、
Mさん自身より先に書いてしまうという空気の読まなさもコミコミでGOODですねw

いつまでも何となく刺さってる思い出みたいなもの、とてもいい作品だと思います。
いや、ホントに。
mizumizumizumizu
2018/10/07
tk77さん
goodありがとうございます。

さくさん
コメントとgoodありがとうございます。

先にやっちゃいました笑
タイトルが思い付かなくて、それで星に変えた感じなので即席感満載ですよね笑

金木犀ネタ時期的にぴったりですし、tk77さんやさくさんバージョンもみてみたいですね!
Uwcr72Uwcr72
2018/10/11
うわ!気づかなかった!笑
先越されてたなんて~(;_;)
ずっとポエムとにらめっこしてて、投稿するのが遅くなっちゃいました笑

いや~、、とても素敵な作品ですね。ふたりだけの星でって最後の1行がたまらん~!
金木犀の香り、僕はとっても好きなんです。笑
mizumizumizumizu
2018/10/12
Mさん
コメントとgoodありがとうございます。

先にやってしまいすみません…汗
発想が行き詰まったりしたときこういう機会があると助かるので、またなんかあったら参加しますね!
haru07haru07
2018/10/13
イイすねー
夜道の散歩のクダリ
この心と体が一致してない感じ
意外と重症なのに
当の本人は気付いてない、気付けてないとゆーか

オチは確かに少し強引な感じだけどw
これくらいの遊びはやっぱ欲しいよなぁって
個人的には思います

よき(*´-`)

mizumizumizumizu
2018/10/13
悠月さん
コメントとgoodありがとうございます。

強引ですよね、思い出してるうちはふたりだけの星っていう笑
ロビンソンみたいにはいかないものですね。。
まあタイトルが金木犀だけだと捻りがないかなと思いやりましたが、完全に後付けですね笑
退会済み
2018/10/14
Delete
決められたテーマでここまで書けるとは流石ですね(^^)
コメントでもありましたけど、僕も夜道の表現が、
素敵だし、上手いなぁと思いました!
これは……熟練の技ですね(笑)
mizumizumizumizu
2018/10/14
Baronさん
コメントとgoodありがとうございます。

この情景はたまたま夜道歩いてたら金木犀の香りがして、昔のこと思い出したことから書き始めました。近所にはないのが残念ですが、出先でたまたまというのが逆に良かったのかもしれませんね。

全然熟練じゃないですよ笑
新しい視点で金木犀を表現できれば、すごいなぁと思いますよ。
manbou0502manbou0502
2018/10/17
これは、面白い企画ですね!

そしてこのミズさんのは正に100点満点の、これぞ金木犀!といった感じの素晴らしい出来ですね〜
しかもタイトルとラストの「星」で少し遊びを入れてくるあたり、ニクいなぁって思います笑
mizumizumizumizu
2018/10/20
マンボウさん
コメントとgoodありがとうございます。

みなさんの見てから自分の見ると、予想通りの解答になってしまいましたね…汗
まあトップバッターの役目果たせて良かったとします笑
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。