新規登録 ログイン
12ad543 投稿 - 2018/09/13 更新 - 2018/09/26 2 Comments 69 Views
good投票
yumemigati3
誰にも嘘をつきたくなくて
知らないふりして目をつぶった
誰かに愛をバカにされて
なにも言えずにやり過ごした

サヨナラ今日までの僕
サヨナラ昨日までの君

危険はとうの昔に去って
残ったのは僕 そうこの僕

死にたいなんて言わないよ
死ぬ余裕なんてないから

君がいた世界はあんなにも輝いてた
もしあの頃に…戻れるわけないのにね

機嫌が悪い日は決まって
僕は静かに眠ったふり
少し目を開けるとそこには
しかめっ面した君の顔

もう見ることもないのかな
最後も彼女笑っていたしなぁ

僕の世界はこんなにも鈍色で
君がいたから美しくみえていたんだ

君がいた世界はあんなにも輝いてた
もしあの頃に…戻れるわけないのにね
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/09/13
とつとつと語るような雰囲気の中に、
キラリと光る冷静さが良い味を出してますね。

一連目で掴みに来る構成も、上手いですね。
12ad54312ad543
2018/09/26
yumemigati3コメントありがとうございます!

お褒めいただき恐縮です
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。