新規登録 ログイン
Aメロ あとで載せます 体調悪いので元気になったら載せます
enseikan 投稿 - 2018/09/04 更新 - 2018/09/17 2 Comments 135 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
あなたが死んだあの日 雨が降っていた
雨は止んだんだろう 晴れているのかい
僕らは何を目指して どこへ向かうの
問も答もないなぁ… 幸せなのかい

嫌いな世の中の 不条理に耐え続け
夢も未来もなく 朝目覚めては電車に揺られ

ひとりぼっちだと ずっと泣きながら探している
母のいない赤子なんだ どこにも見当たらないまま
いつか年老いて どんな人生を閉じただろう
これが定め受け入れよう 逢いたい包んでください

あなたが生きた意味は 僕が生きた価値は
なくてもあってもどっちでも いつかは終わったさ

ちっぽけな存在だ 消えても続くんだ
人はそれでもただ 傷隠しては偽る平然

逃れようのない 堪えようのない千の針を
避けたままで弱い自分 誰も代わってはくれないのに
痛み苦しみを ここで乗り越えるしかないのに
僕は結局だめだったんだ 弱くて怖気づいたまま

ひとりぼっちだと ずっと泣きながら探している
母のいない赤子なんだ どこにも見当たらないまま
癒えることはない 他で埋め合わすことはできない
諦めようこれも人生 さよなら温かい眠り
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2018/09/14
私の母は、やはり死期を予感していたのでしょうか。亡くなる8か月前と一週間前に「私が死んだら」と言っていました。元々病気がちで寝込みがちだったので、仕方がないですね。コメント有難うございました。またよろしくお願いします。
enseikanenseikan
2018/09/17
まゆたん
コメントありがとうです
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。