新規登録 ログイン
なかなか頑張った、、、。
Sken 投稿 - 2018/09/03 更新 - 2018/09/17 6 Comments 137 Views
good投票
koma59My_accountntk77yumemigati3mizumizu

金色の夏が過ぎ去っていく
浴衣姿をもう一度見られたら

電車の中 肩寄せ合い
眠ったまま
僕らは大人になった

一番 好き ずっと変わらず
君の良いところ 当たり前になって
生意気言ったら 叱ってくれよ

背伸びしていた 二人の影が
金色の夏に 写されて
思い出してと言って 揺れている








タグ :
[ 編集 ]

6 Comments

kayumakayuma
2018/09/03
ひと夏の思い出ですね。秋になれば、二人はどんな光景をかもしだすのでしょうか? 私の歌詞も見てください。
mizumizumizumizu
2018/09/03
最後の一連でグッときました。

あと、所々の言葉の美しさはさすがSkenさんという感じがしました。
お疲れ様でした笑
yumemigati3yumemigati3
2018/09/03
僕はBメロが好きですね。

夏が来るたびに思い出すのだろうエンドレス感も出ていて、
ちょっと盗みたい感じですね(笑。
SkenSken
2018/09/04
kayumaさん、秋には秋の風景が心を彩るんじゃないかと思います。夏ってなぜか切なさを感じるんですよね。また覗きに行きますね!
SkenSken
2018/09/04
ミズさん、ありがとうございます!言葉の美しさ褒められるの嬉しいですね(^^)いつもこだわっている部分で、なかなか上手くいかない部分でもあるので(^_^;)
SkenSken
2018/09/04
さくさん、ありがとうございます!夏ってなぜか過去を思い出すものがたくさんあって金色の煌びやかだけど切ない印象なんですよね。フレーズはいつでも自由に使ってください♪和音みたいなものだと思っていますので!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。