新規登録 ログイン
芸術家として書家の村上三島先生を尊敬しています。
Sken 投稿 - 2018/08/10 更新 - 2018/08/12 2 Comments 31 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

軽いけど 鮮明で
広いけど 美しい
そんな言葉を選びたい

緻密に描かれた花と鳥の画
一本の線に命を込めた人がいる

魂が尽きるまで
歌を残したい
肩を借りて 立ち上がってでも
求めるものを

芸術が日常を感情の波にして
天井にI love youを敷き詰めて
今を生きる人へ
未来を生きる人へ
語りかけたい
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
2018/08/11
いいですね。決意表明みたいで。

真摯な姿勢が伝わってきました。
SkenSken
2018/08/12
さくさん、ありがとうこざいます。大学時代に書道に傾倒してまして、その時に村上三島先生の作品で死ぬまで書を書き続けるという内容の作品がありまして90歳を超えての作品だったのですがとても感銘を受けたことがあります。芸術って熱意なんじゃないかなと。因みにこの詩を書こうと思ったのは、大阪に行った時に田中一村さんの展覧会が開催されるという広告を見て田中一村さんも同じように死ぬまで絵を描いた方なのですが、死後に認められた方でした。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。