新規登録 ログイン
傘屋さんと雨降り屋さん
My_accountn 投稿 - 1週間と6日前 更新 - 1週間と6日前 2 Comments 260 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
僕はこの町で傘を売っている
だけど今じゃ誰も来ないんだ
明日店を畳まなきゃいけない
思い出たくさん詰まった場所
錆び付いたシャッター降ろし
家に帰る途中突然降りだした
雨の中で君と僕出会ったんだ

皆が雨降り屋さんって言うの
私が来る度雨が降ってしまう
だから一緒にいちゃダメだよ
寂しそうな顔してうつ向く君



今日からこの店ともお別れだ
今までありがとうさようなら
ボロボロで埃を被った傘の布
修理すれば使えそうだなって
持って帰った思い出とともに
夕方公園の前で君に会ったら
突然また雨が降り始めたんだ

ねぇ私たち会わない方がいい
晴れにも曇りにならないから
だけど雨の音が癒してくれる
君の嬉しそうな顔初めて見た



あのね伝えたいことがあるの
私今度引っ越すことになった
ごめんねもう二度と会えない


僕からも伝えたいことがある
君だけの傘になりたいんだよ
不器用な僕だけどいいかな?



10年後二人はまた再会して
雨降り屋さんと傘屋さんは
いくつになっても季節変わっても
いつまでもいつまでも幸せでした


































タグ : [ 編集 ]

2 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と6日前
雨男と晴れ女みたいな感じですね(笑。

二つで一つがちょうどいいみたいなストーリーが面白いです。
My_accountnMy_accountn
1週間と6日前
さくさん、コメントありがとうございます。書くのがすごく大変でした……。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。