新規登録 ログイン
今日だってぼくの勇気は、まるでブランコみたいに同じ場所を行ったり来たり。
SC04J 投稿 - 2018/07/13 更新 - 2020/05/23 0 Comments 481 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
高架下の蛍光灯はもう
ねむそうでそっと とおりぬけた

ペダルをちまちま こいでる君はまた
ぼくにいじわるして笑ってる

白線とガードレールは...

君の家のほうまで この先平行に
ずっとのびている模様
からだの血が 止まってしまうくらい
抱きしめてくれる日が きてほしいのに

いつになく君が 突然言い出して
団地の寂れた公園へ行く

“いつもとちがうし、これって...”

ぼくの背中を風が 押したけれど
今日だってぼくの勇気は
まるでブランコみたい ずっと同じ場所を
行ったり来たり そのうち止まってしまう

白線とガードレールは...

君の家のほうまで この先平行に
ずっとのびているけど
心臓と心臓が キスをするくらい
抱きしめれる日が いつかきてほしいな

タグ : [ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。
ログイン 新規登録