新規登録 ログイン
レインドロップ
My_accountn 投稿 - 1週間と1日前 更新 - 5日と23時間前 4 Comments 403 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
踝まで伝った雫が
染み入り広がった
感覚は何かに似てる
たぶん心の悲しみだ
群衆という傘を捨て
孤独という傘を開く
いつからかそうして
生きるようになった

瞳から落ちたレインドロップ
雨だねって笑顔作り嘘ついた
本当は太陽のような温かい光(いばしょ)
探しているこんな僕なんだ



靴の爪先少し湿った
冷たくてジメジメと
した感覚は何かのサイン
挫折という傘を捨て
貫徹という傘を開く
いつの日かそうして
進むようになった僕

瞳から落ちたレインドロップ
雨だねって傘を差し出しても
どんどん曇っていく君の表情
ねぇ見せたい景色あるんだ



水溜まりに映った紫陽花
小さな景色が瞳を彩って
君の笑顔が青空に咲いた



瞳から落ちたレインドロップ
右手にポタッポタッと音立て
溢れ出してしまった涙と共に
降り注ぐ胸の中は満水状態

そんな6月の僕にはサヨナラ
















































タグ : [ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と1日前
梅雨明けして、これから夏本番ですしね。

主人公の前向きさがラストに凝縮されている気がしました。
My_accountnMy_accountn
1週間と1日前
さくさん、コメントありがとうございます。「雨」って
切ないとか悲しいとかイメージ?かもしれませんが、今回は前を向こうというテーマに沿って書きました。
SakSak
6日と2時間前
こんにちは。

雨が降るとどうしても気持ちが沈んでしまいがちですけど、前を向いていこうとするそんな心情に共感できました。

My-accoutnさんにもこんなときがあったんでしょうか?
My_accountnMy_accountn
5日と23時間前
Sakさん、コメントありがとうございます。そうですね。「止まない雨はない」という言葉から、インスピレーションがわいてきたという感じですね。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。