新規登録 ログイン
お世辞でもいいから誰か、殺して
1005478p 投稿 - 2018/07/11 更新 - 2018/07/11 0 Comments 46 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
僕等の等には何人の僕が含まれているんだろう
命あるものを信じるわけではないけど
悲しい時に太陽を見るわけでもない
共に戦うものこそ尊敬に値する木

ぼーっとしながら日常を眺め観察し
人の感情が揺れ動く瞬間に
ずっとずっと憧れていた
人と同じなんて言うと人の苦労が分かっていないみたい
本当は人より悩み酷いことを行っているのに

人間という理由で人を許すことは
もちろん自分を否定されないため
心が働いているのか心配になる
こんな僕に早く手遅れだと言ってほしい

自分は数十万人に一人の異常とかいう
ネガティブなはずなのに
厨二”病”だって更に否定された
確かに金属なんかじゃなくて煙みたいな病が
僕みたいに報いを信じて住み着いている

目に見えない涙は十五年間分が溜まっている箱には
入らないから早く使いたいという本心
どうせ反対側の人等が
経済とか平和とか愛情とか自慢とか後悔とかに
使って増やして継承していく

叫ばないと聞こえないって台詞
考えただけでゾクゾクするけど
何かが壊れていく音も聞こえる
お酒の飲み過ぎな僕だけは
僕等の等に含みたい
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。