新規登録 ログイン
スランプ中
asakist 投稿 - 2018/05/17 更新 - 2018/05/17 0 Comments 45 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
巨大な国がある
砂漠の真ん中で
豊かな繁栄を
遂げた王国が

白妙石灰の
家屋が立ち並び
そこでは誰しもが
死んだ目で生きる

夜毎王宮の
門が開かれて
町をさざめかす
人攫いの黒い影

今宵の王の夜食に
お前は選ばれた
王家の血になれるなら
こんなに嬉しいことはないだろう
嫌がり叫ぶ娘を
無理やり運ぶ影
家族はただ見てるだけ
死んだ目で見るだけ


無人の居間の中
娘は放たれた
机に立ち並ぶ
銀の食器たち

ランプを反射する
ナイフが目に映る
震える手で掴む
冷えた夜の部屋

すると戸を開き
一人やってくる
華美な装飾で
富に肥える巨漢王

今宵の我の夜食に
お前が選ばれた
王家の血になれるのだ
こんなに嬉しいことはないだろう
巨王を前に娘は
怯えて竦むだけ
後ろに隠すナイフが
小さく震えてた



近づく王へ娘は
ナイフを向け走る
脂肪の奥の鼓動に
突き刺し溢れる王家の血と声
巨漢の王は倒れた
すかさず逃げようと
扉を開けた先には
娘を連れ去る王家の死の影

こいつは王を殺した
今より処刑する
王家の血を拒むのだ
異論を唱える者はないだろう
嫌がり叫ぶ娘へ
刃を向ける影
家族はただ見てただけ
死んだ子を見ただけ

家族はただ見てただけ
異端者を見ただけ
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。