新規登録 ログイン
Union 投稿 - 2018/05/16 更新 - 2018/05/16 0 Comments 35 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
A
闇に彷徨う君を置いて
僕はそっと本を閉じた

息を吐いて自由になる
夜明け空(ぞら)に星は消えた


A
迷い込んだ世界に響く
君の声に辿りついた

僕は逃げ道 探しながら
いつも誰かの後ろ歩いた

B
水に映るのは逆さまの僕
泣いているように見えたんだ

君の前に立つ僕は
いまどんな顔をしている?


S
あの世界は僕が描いて
求めるものすべて記した

一度 目を開けてしまえば
二度と戻れない世界だ


A
深い森に射す光が
水を弾いて僕に刺さる

君の姿 探している
夜明け空(ぞら)に残る月は


A
本を開きページめくる
僕が描く世界ならば

君の笑顔 守りたいよ
映る僕を消してパラドックス

B
矛盾に優しい架空世界にさえ
息が苦しくなってしまう

右足で波紋たてて
そう これが僕の逃げ道


S
あの世界は僕が描いて
求めるものすべて記した

一度 目を開けてしまえば
二度と戻れない世界だ


LS
もう世界は君を見つけて
輝くものすべて与えた

空に 霞む月を消して
二度と 君が消えぬように
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。