新規登録 ログイン
孤独革命
My_accountn 投稿 - 2018/05/16 更新 - 2018/05/16 2 Comments 255 Views
good投票
Sken
ひとけのない裏路地
たむろする人の影が
見えて僕を招くかのよう
メインストリートタウン
歩いている人の一部には
ならず者にしか見えないと
溶け込めずに居場所失ってく

※孤独の旗を掲げろ
群れに入り浸らない
一匹狼の遠吠えが
高らかに響き渡る
ギラッとした眼差しで
縛り付けてあげるよ



錆び付いたパイプ倉庫の
鉄格子に凭れ掛かった夜
煙草の匂いが染み付いたTシャツ
ネオンサインのBARのカウンターで
深夜カクテルを飲んで眠った
あの瞬間は最高だと狂ったように踊る

※孤独の旗を掲げろ
余韻に浸りたいだけ
一匹狼の遠吠えが
高らかに響き渡る
むき出しになった歯で
引きちぎってあげる



孤独革命改革表明する
ひた隠しにしてきたけど
いま声明を拡声するよ!




















2 Comments

SkenSken
2018/05/16
タイトルが好きです♪歌詞の内容も格好良くて好みです!
My_accountnMy_accountn
2018/05/16
Skenさん、コメントとGoodありがとうございます。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。