新規登録 ログイン
幸せを普通と間違うまで
sikito 投稿 - 1週間と5日前 更新 - 1週間と1日前 1 Comments 34 Views
good投票
My_accountnyumemigati3
世界中のどこにいたって
わかるくらい君は輝いて
風の音色 星の航路
目に見えるようだ

君が秒針を連れていく
交わり遠退いてく
それならいっそ
魔法みたいに
このまま時間を止めさせて

君だけがこの世界で生きていく
たった一つの理由
脈を打つほどに 君を待つほどに
明日を誰より願った
今はまだ無邪気なままで
星空に乗って帰ろう さあ


世界中のどこにいたって
空が黒くなってしまうなら
今日はまだ 離さないで
足を止めないで

君の横顔を見るたび
うまく笑えていたのに
それならいっそ
魔法みたいに
最初からやりなおさせて

幸せを普通と間違えるまで
隣で笑わせて
夜が来るたびに 泣きじゃくってしまう
君のこと誰より好きした
今はただ名前を呼んで
また明日なんて言って いよう

ねぇ

まだ

いかないで



タグ :
[ 編集 ]

1 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と5日前
タイトル好きです。
あとワードのレベル感が統一されてて、最後までスッキリ読めました。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。