新規登録 ログイン
動画付けました。なんと、自分で。なので再掲載。迷惑ですね(笑。
yumemigati3 投稿 - 2018/04/23 更新 - 2018/06/12 6 Comments 201 Views
good投票
enseikanSkenmizumizuMy_accountn

ピアプロ→ http://piapro.jp/t/YhTQ
YouTube→ https://youtu.be/ERLyZi_T9EY
ニコ動→ http://www.nicovideo.jp/watch/sm33354295

夜空に咲く 
星の海の中へ
果てしない 思いを 馳せる

瞬いてる
無数の光さえ
永遠を 語るのには 儚い

何もかもが
生まれ 巡り 消える世界
はるか昔も 遠い未来も
いまここで

二つの目で見つめる


小さすぎる
この命も意味が
何かしら あるのならば 知りたい

歩いてきた
証さえも見つからずに
夜のしじまに 独り佇み
溢れ出す

涙越しのシリウス


慰めることはなく
肩を抱くわけもなく
そこにあるだけなのに
私たちを 癒す


忘れていた
こころの息吹 聞こえてる
ひかり溢れる
世界の夜明け 目を閉じる

ああ 星たちが 奏でる
ああ 天空の プレリュード
タグ : [ 編集 ]

6 Comments

My_accountnMy_accountn
2018/04/24
コメントありがとうございます。幻想的で、物語を見ているかのような歌詞に引き込まれました。素晴らしいです✨
mizumizumizumizu
2018/04/24
壮大な世界観のあるメロディが、ミスチルの花の匂いのような感じを受けました。

そのメロディに劣らない、むしろ勝る?ぐらいのフレーズ。
いいですね。
yumemigati3yumemigati3
2018/04/24
コメント&GOODありがとうございます。

ノリカさん、度々ありがとうございます。
曲先という条件下で、イメージを寄せつつ世界観を構築するのは難しくも面白いです。
読んだだけでも楽しめる作品であったなら幸いです。

ミズさん、いつもありがとうございます。
そうなんですよ。とくに中盤以降のボレロ風のリズムは、何かの気づきというか、あたらしい自分の始まりを予感させるものだと思い、こんな構成にしました。
なので、プレリュード。これも自画自賛です!(笑)
SakSak
2018/04/29
こんにちは。

スターダストの神秘さと、それに惹きこまれていく心情。
この詞がそっと背中を押してくれるような、そんな気持ちになります。

アルバム特集のスレッド立っていましたけど、この詞はラストに聴きたいですね。
yumemigati3yumemigati3
2018/04/29
Sakさん、コメントありがとうございます。

説明不要ですよね。曲のパワーですね。
悲しいときに星を見て立ち直った経験は誰にでもあるような気がします。
そんな雰囲気を感じていただけたら嬉しいです。

アルバムスレ面白いですよ。確かにラストにぴったりの曲かも(笑)。
yumemigati3yumemigati3
2018/05/04
えんせいかんさん、GOODありがとうございます。
2連続とは(笑)。嬉しいです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。