新規登録 ログイン
この日に何を書くべきかいつも悩みます。沈黙よりも声をあげたい。風化させないように。
Sken 投稿 - 2018/03/11 更新 - 2018/03/12 2 Comments 82 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
八重桜 儚ささえ 忘れ行く
今があるのは 花びらの上

池の水 蛙飛び込み 違い知る
逃げた場所も 変わり行く中

五月蝿さや 人の声なら 優しさを
感じる日には 思い出す月

さよならを 海に向かって 言う人に
なんと声を かけられるだろう

幸せを 運んで欲しい あの街に
手を振り続け 故郷彼方

沈黙は 何も生まない 変わらない
小さな勇気 芽でも種でも

冬は行く 雪のカンザシ 溶けゆけば
川 春の水 静かに流れ

荒咲きの 山の模様も 少しずつ
いつかの景色 戻り行くなり
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2018/03/12
故郷は遠くにありて思うものといいますが、自然を懐かしむ素朴さが素敵ですね。私の歌詞も見てください。
SkenSken
2018/03/12
kayumaさん、ありがとうございます。情景を描くことで感情を表現するそういった日本の心を込めてあります。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。