新規登録 ログイン
花はそれぞれの基盤に狂わされ
asakist 投稿 - 2018/03/09 更新 - 2018/03/12 2 Comments 114 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
機械の花園で 硝子が破損した
夜明けだろう
皆東方の来訪を 待つ

機械の花園で 自由が飛来した
デバグだろう
皆東方に方向が 合う

La La La…馨しく
無色の花弁は咲く
La La La…或いは
初めから色など有らず

謳歌する
生から日が過ぎるのを
消えた目が瞬きするのを
謳歌する
死に立つ日が迫るのを
花はそれぞれの基盤を狂わせて uh


機械の花園で 時代が嗚咽した
斜陽だろう
皆西方の衰退を 発つ

機械の花園で 規律が再起した
リペアだろう
皆西方に水平が 立つ

La La La…厳めしく
無情の花弁は散る
La La La…或いは
初めから識など有らず

挽歌する
生から日が過ぎたのを
消える目が瞬きしたのを
挽歌する
死に立つ日が過ぎたのを
花はそれぞれの基盤を狂わせて uh

散華する
あらゆる日が有るのだと
有らぬ目が瞬きするかを
散華する
あらゆる日が有るのだと
花はそれぞれの基盤に狂わされ uh
花はそれぞれの夢見に狂わされ uh
タグ :
[ 編集 ]

2 Comments

kayumakayuma
2018/03/10
どんな無機質な空間でも、花びら一枚あるだけで華やかなものに変わりますね。
私の歌詞も見てください。
asakistasakist
2018/03/12
kayumaさん
こんばんは、コメントありがとうございます。

見返りのためにコメントされるのであれば、今後私の作品は見ないでいただけると助かります。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。