新規登録 ログイン
夏目漱石を思い出して。
Sken 投稿 - 4日と6時間前 更新 - 4日と6時間前 0 Comments 10 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません

細君 瑠璃色の指に 冬を透かし
クロムメッキの 車が ラッパを二つ
冗談みたいな街さ

ブランを飲みほせば
銅板は冷たく 現実は似た者同士

アールのうなじがただキレイで
誰かにとられそうで
そっと マフラーを巻けば
照れ笑いも 瑠璃色で
細き君を強く抱きたいと思った
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。