新規登録 ログイン
いちばん、なんて誰が決めたの。
退会済み 投稿 - 2017/12/08 更新 - 2017/12/12 4 Comments 159 Views
good投票
Skenyumemigati3
あったかい手をひいて
振り返れば笑顔で
少し沈んだ夕陽も
また昇ってくるほどの



ほら、駆けて行く仲間たちを
眺めては焦っている僕ら
そんな自分たちのこと
ちっさいと言ったんだ、君は
そう、立ち止まる僕のこと
嘲け笑う声のこと
ちっさいと言ったんだ、君は



はやる気持ちに折り合いをつけていた
ずっと自分を騙し続けて
足元に鳴いた夏蝉の声に
それでもいいじゃないかって言葉が混じって




いつも誰かと背比べをしては
足りない分だけを測って
これまで伸びた分の長さだけは
忘れ去ったままなんて悲しいじゃないか
日々をそっと包むように生きよう
なにも競り合うこともなく
残酷に笑うこともなく
ただ陽だまりの中 夢の中
いちばん、なんて分かんなくても。




*
だんだん、空に近くなって
眺めてはどこか落ち着かなくて
見上げるだけだった空が
ちっさいと思ったんだ、僕は
こんなの、「下描きと違う」だなんて
思い込んでいた空とは違う
ちっさいと思ったんだ、僕は



塗ってしまった空キャンバス
そっとぼかした夢をのせて
真っ黒に沈んだ下描きに
それでもいいじゃないかって言葉が浮き出して



なんでも型抜きしようとしては
余った空を捨ててしまうの
綺麗な星は眩しいほどに輝くけど
崩れていた星の淡い光を思い出してよ
ああ、星だって見つけた先には
今にも消えてしまいそうな光もあったはずで
遠く離れた
時を越えた
いちばん、なんて分かんなくても。



誰が決めたわけもないから。















タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/12/08
表現の一つ一つにあるナイーブな視点が、とてもステキな作品だと思いました。
退会済み
2017/12/09
Delete
さくさん、ありがとうございます!
表現を褒めて頂き凄く嬉しいです。
他の色々なジャンルにも挑戦していきたいです(*´▽`*)

SkenSken
2017/12/12
迷いながらも前向きに進もうとする主人公がとても素敵でした(^^)
退会済み
2017/12/12
Delete
Skenさん、ありがとうございます!
横を向いてみたり後ろを向いてみたりしている、迷う主人公ですね…(^^;)
ですが最後には前向きに進もうと決意していることを解釈して頂き嬉しいです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。