新規登録 ログイン
『私には 似合わない色だったのに』
Sak 投稿 - 1週間と6日前 更新 - 2時間と21分前 4 Comments 89 Views
good投票
shishi07python357mizumizuyumemigati3

Pink それは 私の唇の上に
薄くのっているだけの 色だった
Pink それは 私には似合わない色
流行に遅れないように とりあえず
身につけておく そんなものだった

隣に 誰もいなくても
大丈夫だったのに 振り向くことが
当たり前になっている 前を見ているだけで
よかったのに 君を探しているの

Pink それは 私にとって戸惑いの色
私の心が ときめくなんてありえない
そう思っていたのに
君を前にすると 可笑しくなるのよ
君の瞳に 見つめられると
嘘がつけない
君が笑う 頬が染まる
私には 似合わない色だったのに


Pink それは 私の瞼に薄く
塗られているだけの 色だった
Pink それは 何物にも染まらない
私の頬に 色をつけるだけのもの
それで充分だと 思っていた

私がまとう 空気は
冬の朝の様な 無色透明
温もりが感じられなくて しっかり着込んでは
自分で 自分を温めていたっけ

私は君に 染められたのね
私も 春の花のように なれるのかな?

Pink それは 私にとって戸惑いの色
私の心が ときめくなんてありえない
そう思っていたのに
まさか 私自身が色づくなんて
君の横顔が 好きだと思う
私がいる
君が笑う 頬が染まる
私には 似合わない色だったのに
タグ : [ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
1週間と5日前
主人公がまるで少女のようで、なのに大人っぽくて、かわいらしくて引き込まれました。
私には似合わない色
ん~、上手いですよね、色々と。さすがです。
mizumizumizumizu
1週間と5日前
こんにちは。

>君が笑う 頬が染まる
私には 似合わない色だったのに

このフレーズいいなぁ。
最初の淡々とした感じも好きですし、だからこそこの女の子の気持ちの動きがとても可愛らしく、愛しいなって思いました。
python357python357
5日と11時間前
うまっ……

なんだろな、私自身がまったく化粧品と無縁なところにいるからか?
すごく、綺麗でなるほどな、と思えるし
巧く恋と春と色を掛け合わせている

そう、巧い掛算に……そそられる作品だわ……
たぶん私の脳はどちらかといえば国語じゃなく算数なんだろうな
これ、もう、押すしかないっしょ~

全体を通してうまくつなげられている作品って私も描きたいけれど
どうもうまく出来なくて……否、いま1つ浮かんでいるから頑張ってみるけれど
……どうなることやら、な夢芽でした☆ミ
manamomanamo
3日と2時間前
もしかしたら「自分から塗っていた」って表現を加えても良いかも!
Sak.さんの作品はやっぱり好きです!
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。