新規登録 ログイン
5作目です。秋は別れの季節ということで失恋の歌詞を書きました。ご感想など頂けると嬉しいです。
Baron2 投稿 - 2017/11/18 更新 - 6日と20時間前 7 Comments 143 Views
good投票
My_accountnmanbou0502yumemigati3
【Aメロ】
遠く遠のく秋の色は
わずかに残るぬくもりをさらう
大空浮かぶ白いひつじ
ため息乗せてどこまでも行け

【Bメロ】
孤独に震えても君はいなくて
笑えないジョークも懐かしい
別れのあの日に戻れたのなら
間違った僕を塗り変えたい

【サビ】
空はどこまでも広くって
ひつじ雲が明日に向かい飛んでく
僕はいつまでもとどまって
まだ君のこと忘れられずにいる

【Aメロ2】
深く深まる夕暮れ時は
なんだか一人がじんわりと沁みる
オレンジ野原 白いひつじ
悲しみ乗せてどこまでも行け

【Bメロ2】
タバコの匂いのする君のジャケット
泣きながらそっと抱きしめる
輝く季節に戻れたのなら
もう二度とさよならは言わない

【サビ2】
空は段々と色を変え
ひつじ雲が足早に西に飛んでく
僕はあてもなく立ち竦み
また君の声を思い出している

【ラストサビ】
空は黒色で埋められて
ひつじ雲が飲まれて闇に消えてく
僕はどこまでも君を追い
また夜に向かいずっと泣いていた
タグ : [ 編集 ]

7 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/11/19
お誕生日おめでとうございます。

それはさておき。

スケールの大きい空のイメージが失恋の悲しみをいっそう小さく感じさせて、そこがまた雰囲気出ているなぁとおもいました。
manamomanamo
2017/11/20
誕生日なの?おめでと〜!♡
ひつじ雲って初めて聞いたけどイメージしやすくて良い曲名ですね!
Bメロ2で急に現実感出てきたから、「タバコ」を入れるなら他の連にもそういうワード入れたら良いかも!
Baron2Baron2
2017/11/20
さくさん
コメント、good評価頂きありがとうございます♪
着実におっさんへの階段を登ってまいりました(笑)
今回は大きな空とちっぽけな自分を対比させた、
作品でもあったのでそこを評価頂けて嬉しいです♪
Baron2Baron2
2017/11/20
まなも*さん
コメント頂きありがとうございます♪
お祝いありがとうございます!
お兄さんからおっさんにさしかかる
年齢になりました(笑)
Bメロの描写は二番に合わせてもう少し
リアルにした方が良かったですね(>_<)
manbou0502manbou0502
2017/11/20
ひつじ雲かぁ〜(*´-`)
毎度、インパクトのあるワードをポンッと出してきますね!!

流石の情景描写で、じわじわ切なさが込み上げてラストでさらにズーンとくる感じがとってもいいなと思いました!
Baron2Baron2
2017/11/21
マンボウさん
コメント、good評価頂きありがとうございます♪
誉めていただけて嬉しいです(^^)
言葉選びは毎回悶えながらしているので(笑)
そんな風に言っていただけて嬉しいです♪
Baron2Baron2
6日と20時間前
ノリカさん
good評価頂きありがとうございます♪
嬉しいです(^^)
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。