新規登録 ログイン
雪が積もると、君を探しやすくなるから
sikito 投稿 - 2017/11/15 更新 - 2017/11/15 0 Comments 70 Views
good投票
まだこの作品をgoodと言った人はいません
世界に愛された夜と
静寂と足音が近づく
始まりを告げる電車の汽笛も
一時の記憶に塗り変わる

赤いマフラーに隠せないほど
顔の熱が雪を溶かしていく
巡り会う影の二つが
今白い魔法にかかる

笑ってたいだけ
君の髪が指が いとおしくて
ねぇ
はやくソリに乗って僕を連れて行ってよ
アイto アイ 世界が
黒い空に染まり尽くしても
君の魔法で
全て晴らしてしまえたのなら

世界に愛された夜と
幸せの終わりが近づく
始まりを告げる電車の汽笛も
新しい始まりの合図を鳴らす

君と残した足跡で
嫌な通学路も
プレゼントに塗り変わる

分かってたいだけ
雨の音も色も嫌いだけど
君の横でいれるのなら
「じゃあそれでいいや」
風が二人を分かつたび
君の 腕と腕の 温もりを
知れたことそれが幸せと言うこと
eye to eye世界が
もし二人だけなら
ずっと一緒にいられる?なんて
言えるわけないのに


笑ってたいだけ
過去も今も 未来すべてさえも
一色に変えることなんて出来ないから
愛to愛 世界が
いつか塗り変わるその前に
青い空と春を 迎えにいこう
タグ :
[ 編集 ]

0 Comments

Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。