新規登録 ログイン
久々の投稿です。良かったら読んで下さい(^ ^)
marimo_265 投稿 - 6日と18時間前 更新 - 4日と9時間前 4 Comments 56 Views
good投票
manbou0502enseikan







高層ビル 排気ガスの匂い
行き交う人の波と音楽
毎日毎日 もう慣れたけど
だけど少し、疲れちゃったなあ

たしかに色々楽だけどさ
日に日に時計の針たちは
急ぎ足になってる気がする
どこか何か壊れてるんじゃない?

雨上がり空にかかる虹も
頭上に輝く一番星も
君が瞳に映さないのなら
きっとそこに無いのと同じでしょう

子供時代は鬼ごっこなんかで
簡単に君を止められたけど
今この町ですれ違えても
もうお互いを止められないよ

自由の意味を間違えすぎて
不自由になった私たちは
前に進もう 過去と手を繋ぎながら
歩き出そう 君とまた出会うために


タグ : [ 編集 ]

4 Comments

enseikanenseikan
6日と15時間前
ずっと愛してあげてください
manbou0502manbou0502
6日と11時間前
情景描写がとっても良いですね(^^)
普遍的なテーマを、陰と陽のメリハリをしっかりつけながら丁寧に書かれている印象を受けました。
marimo_265marimo_265
4日と10時間前
炎性観さん、コメントありがとうございます!
どちらかと言うと、「君」の所には友達や自分が入るイメージだったんですが、
なるほど。君の所が恋人だと考えると恋愛の歌詞に見えますね。
marimo_265marimo_265
4日と9時間前
マンボウさん、コメントありがとうございます!
歌詞から情景を感じて頂けたようでとても嬉しいです♪
ありがとうございます!読みにくくなかったみたいで良かったです。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。