新規登録 ログイン
僕も消して
mizumizu 投稿 - 2017/10/01 更新 - 2017/10/04 4 Comments 89 Views
good投票
haru07yumemigati3


いつの間にか長くなった袖にも気づかず
どこかで聞こえるあの鈴の音
少し肌寒くなったな

なんとなくで歩いた帰り道は楽しくてさ
静かに暮れゆくあのオレンジ
少し寂しそうな顔してた


さよなら
そう言われた気がしたあの日
足下 伸びていた影は無意識にも
君を追いかけていたのかな

今さら
あの曲がり角の向こうが気になって
そこから君が出てくるんじゃないかって
驚いた?って言われたいな
なんて




いつもよりちょっと長く感じる夜のせいで
余計なことばかり考える時間
そんなのいらないのにな


さよなら



いつの間にか変わってた見慣れたはずの登下校の道

甘く香る金木犀の香りがまた僕をあの日に戻すよ


さよなら
そう言われた気がしたあの日
やっぱり変わらず思い出のままで
色褪せながら 漂いながら

今ならもうわかる気がするんだ
あれから世界は止まることなく動いて
君を忘れさせるんだって



いつの間にかコートを羽織る季節になって
街から消えた音や色や時間と同じように
僕も消して




タグ :
[ 編集 ]

4 Comments

yumemigati3yumemigati3
2017/10/02
来る冬を連想させるようなさみしさが迫ってきますね。
情景が豊かできれいで、特に最後の一文は、深いですね。

キミを忘れた僕はもう僕では無い的な。もう、GOODしちゃいます!
mizumizumizumizu
2017/10/03
さくさん
コメントとgoodありがとうございます。

自分で作りながら、まだまだ表現力が足りないって感じてました…汗
もっと頑張ります笑
haru07haru07
2017/10/04
おぉ、ここにもミズさん作品が♪

さくさんもおっしゃってる通り
最後の一文がこれ…

自分はなんか書くとき
結構最後は頭抱えるんですよ
どー締めたら一番作品がまとまるかなーとか
かっこよくなるかなーとか

これ以上はない!ってのを探すんですけど
僕もけしてってかっけーなぁ
切なくてかっこいい

good♪

mizumizumizumizu
2017/10/04
悠月さん
コメントとgoodありがとうございます。

見つけていただき感謝です笑
わかります!自分も最後どう終わらせようか迷います。
いい感じにいけばそれがタイトルになるぐらいバシッと決まるんですけどね。。
Add a comment - 1000文字以内でご入力下さい。HTMLタグは使えません。
コメントを投稿するにはログインして下さい。初めての方は無料のユーザー登録を行って下さい。